医療従事者向けの保険・交通事故・自賠責の知識をアップグレードする情報提供を行っています

  1. 医療従事者全般
  2. 173 view

今年も宜しくお願いします・・・さて・・・

勉強会の事も、始動し始めております。
昨年の時点で「さて、来年からは・・・」と、毎年11月末頃には考えておりまして・・・。

昨年の雑感

今までも予言的な事は発していました。

4年くらい前に出していました「そのうち、手の平返しをされるよ」という事態に至っては、案の定なくらいに、これまでワンサカとアプローチしてきた法曹関係者から、完全にdisり対象としてSNSでも公言されてきています。

・患者を持っているから付き合っておこう
・とりあえず、聞き心地のよい「救済」とかのキーワードを羅列して「先生」として崇めるフリしていればいい
・弁護士特約もあるし、とりあえず受任すればなんとかなるから、被害者紹介してくれればいいや
みたいな方もおられるのは、否定しがたいですしね。

まぁ、医療従事者サイドとしては「先生業と言う名の不幸」の1つであって、「世間からどう見られているか?」の分析を怠っていると、相手の真意をくみ取れずに、踊らせられて最終的にアホ見る事になります。

手の平返しでは無いですが、「療養費検討委員会」「広告検討会」を傍聴しても、「柔整・あはきは医療ではない」と公的に発言されているわけです。
厚労省のHPにちゃんと議事録載っていますから、人から聞くのでは無く、自分でちゃんと確認した方が良いですよ、マジで。

まだ決まってないのに、煽っているコンサルが実際にいますから。

それで「無資格者の取り締まりやれ!と言っておいた!」みたいなのに踊らされはいかんのですよ。
そういうことを話す場じゃ無いのに、そんな発言で、決めるべき事の時間が減らされてしまっては、「医師ガイドラインに準ずる、はいオシマイ」という最悪の結果になりかね無いんです。

まずは資格者のガイドライン制定することで、周り巡って無資格者への影響出せるって方が、保健所が取り締まりするよりも、早くて現実的なんだけどね・・・。

全体的には
・disられまくる
・逮捕者は相変わらず
・「とりあえず、うまく出来ればいいや」で、進歩よりも「悪い風吹かなきゃいいなぁ・・・」的なお天道様に委ねる
といった、風潮になってきています。

これで言える事

「本当に困った患者さんの気持ちは、二の次、三の次なんでしょ?!」と思われても仕方無いって事です。

私、10年前からやるべき事・知るべき事は一貫してきていて、それを実行された方の結果報告は、多少はイバラの道だったとしても、結果出る人は出ています。

そもそも、交通事故事案って、医療従事者にとってその場での収益アップツールでは無いですしね。
収益上がったって人は、結果論であって目的では無いです。

目的にするから、ボンクラレベルのコンサルに煽られるんですよ。

では2019年はどうするの?

勉強会はテーマを掲げています。
2016年は「書類力のアップ」
2018年は「医療従事者よ、起き上がろう!」
でした。

ちなみに、2018年のは、立ち上がる前の起き上がりから考えましょうよ!という思いでした。

これは医療界全体です。

医師も交通事故知識の修得に関しては、文献も書籍も乏しんですよね。

ある先生が「臨床でのバイブルだ」と仰っていた書籍も見ましたが・・・あれ、結構なフィルターがかかっていて、そのまんま信じられてしまうと、被害者の立場としては賠償潰されかねないんですよ(笑)
(ま、監修している弁護士がそっち方面で有名ですし)

ということで柔道整復師向けテーマは決めていますが、来週発表します。

いま、お伝えするとするなら、あるブレインが復活してきてくれたんで、医師向け情報増やします。
そして「note」はちょっと大変なので、HP内の有料記事に移行する予定です。

やっつけ的ですが、本年も宜しくお願いします。

柔整師向け勉強会は?

とりあえず、6月に横浜での開催を予定しております。

The following two tabs change content below.

プライムケア 杉本

株式会社プライムケア代表取締役
<国家資格> ・柔道整復師 ・ファイナンシャルプランナー2級技能士 <各資格> ・生命保険・損害保険募集人 ・EK療法士 ・ashibraⓇ認定アドバイザー

医療従事者全般の最近記事

  1. 重要長文:「事故せーへん?」メール事件から考える、交通事故に対する医療体制の問題点

  2. 2020年テーマは・・・存在意義を全うすることが昇華に!!

  3. 年末企画:逮捕もあったので個人情報保護法に絡むことなんぞを・・・

  4. 本当に損保ジャパンは悪質な保険会社なのか?

  5. 逮捕ニュースが出る度に見かける本末転倒

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP