医療従事者向けの保険・交通事故・自賠責の知識をアップグレードする情報提供を行っています

  1. 有料記事案内
  2. 62 view

有料記事案内:鍼灸マッサージ治療を否定した、地裁判例から考える

有料記事のご案内です。
勉強会では交通事故外傷における「東洋医療」のポジションを、エビデンスや判例含めて説明しています。

本文はこちら

決して否定ではなく、賠償であるのは逃れられなく、その請求責任は患者さんにあります。
これは民法709条が関与するので、絶対に逃れられない事実です。

その際に、どのように対応していますか?
「いや、いままで保険会社は払ってくれたから、大丈夫でしょ!」
そんなの、完全に落第レベル&無責任な二次加害行為です。
貴方の成功体験ってだけです。

私は、この平成29年の判例のように、治療を終わった後の賠償請求の実態を見てきているので、それを基準にしています。
つまり、患者さんを主体に置いています。
医療従事者の思い込みとか、患者さんを踏み台にした収益向上なんか興味ありません。

この判例も紐解けば、結局は勉強会で言っていること。
そして、今度のアドバンスコースでも特別説明する
「特別カリキュラム:医師診断を否定した自賠責保険の判断への分析と対策」にも、しっかりリンクします。

知らなかったでは済まされなくて、患者さんが尻ぬぐいした時点で「医療従事者と言う名の二次加害者」になります。
そうならない為に、私は文化のアップデートをしています。

大量のカリキュラムですが、全部とは言いませんので、少しでも持って帰って現場に役立てて下さいね。

https://note.mu/primecare_sugi/n/nf0ae1ffc6f24

The following two tabs change content below.
<国家資格> ・柔道整復師 ・ファイナンシャルプランナー2級技能士 <各資格> ・生命保険・損害保険募集人 ・EK療法士 ・ashibraⓇ認定アドバイザー

有料記事案内の最近記事

  1. 有料記事案内:支払われなかった治療費。結局どうなったか?

  2. 有料記事:目安料金の特別加算該当期間・・・結局はダブルスタンダード!?

  3. 任意一括請求が成されない治療費請求の行方

  4. 目安料金における、後療等の「4ヶ月~料金」に関する考え方をズバっと!

  5. 有料記事案内:コラム「スキー用ヘルメット」を買った意味

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP